通信制高校からの就職は難しいのか?

通信制高校のメリットの1つが、わずらわしい人間関係が発生しないという点

ビジネスに役立つスキルを身に付けて、面接官にアピールするための材料を作っていくようにしましょう。
通信制高校のメリットの1つが、わずらわしい人間関係が発生しないという点があげられます。
しかし就職して社会に出るとしたら、上司などとの人間関係が発生します。
人間関係に不慣れだと判断されると、採用されにくくなってしまうかもしれません。
そこで少しでも採用に近づくために、実戦経験を積んでおくというのも1つの手です。
アルバイトをするだけでも、通信制だと学べない人間関係の経験を積むことにつながります。
人づきあいに慣れていないわけではないということが分かってもらえれば、通信制だからといって採用面接で不利になるというリスクを減らせます。
アルバイトをして経験が積めるというのは、人づきあいに関することだけではありません。
働くうえで必要なマナーを学べるというのもポイントの1つです。
上司に対する敬語や時間を守ることの大切さを学ぶことも可能です。
さらにお金を扱う仕事であれば、管理の大切さなどを考慮していくことにつながります。
通信制で学ぶのであれば、自分のペースで学習を進めていけます。
しかし働くとなったら、周りのことを考慮しながら自分の作業を行っていく必要が出てきます。
周りへの報告や連絡などの重要性を学べるアルバイト経験があるかどうかは、採用に関わってくる重要な要素の1つだという点を忘れないようにしましょう。
大学を卒業していたとしても、スムーズに就職できるとは限りません。
企業の中には新入社員であったとしても、即戦力になるかどうかを重視するケースも多く見られます。

そろそろオープンキャンパス行かないと、と通信制高校の資料をいくつか取り寄せても、自分の第一希望の所しか見ない。
親としては、いくつか実際見て比較して欲しいのに。
結局、私の提案は全部拒否するんだなぁ。
夫に相談しても、話にならないし。
1年前の今頃はこんなことになるなんて思ってなかった😢

— とも (@kinako_294) 2019年7月16日

通信制高校=就職には不利というイメージ / 通信制高校のメリットの1つが、わずらわしい人間関係が発生しないという点 / 通信制高校から採用を目指すなら、専門的なスキルを身に付けておくのも1つの手